無料書籍プレゼント中!「今からでも遅くない!これだけやっておけばブログ集客がグッと楽になる7つの方法」

ブログで集客している教室や店舗運営者の皆さん!生徒集客に必要な3つの流れ理解していますか?

こんにちは!コール寛子です。

突然ですが、皆さん!あなたの教室、お店の集客にどんな媒体を使っていますか?
または使っていこうと思っていますか?

どんな媒体を使うにしても、それを使う際の「集客の流れ」ってしっかり理解されていますか?

Mama子さん
Mama子さん

集客の流れなんて、お客さんが教室やお店の事を「いいな」と思ったら入会や申込してくれて、それに対応する、、、というのが流れでしょ?

HIROKO
HIROKO

うーん。近い!ですがもう一息!お客さんが「いいな」と思うためにどんな事をしますか?

Mama子さん
Mama子さん

そりゃ、もちろんその商品やサービスを宣伝します。

HIROKO
HIROKO

昔は、そんなやり方でも通用したんですが、今のネットの世界ではちょっとそれだけでは難しいんです。

 

Mama子さん
Mama子さん

ええ〜!そうなの?!何をする事が必要なの!?教えて〜!

もちろんです!
「集客の流れ」を理解する為には、3つのステップがちゃんとあなたのウェブサイトにあるか?それが必要なんです。

意外とシンプルじゃありませんか?
シンプルですが、この3つのステップを作る、仕組みこそが集客ではとても大切なんです。

ツールは知っていても、仕組みが抜けている

インターネットを使って集客をしていて、一番抜けているのはその「仕組み作り」です。

目を惹くバナーやウェブサイトを作ったり、SEOの為にキーワードを沢山埋め込んだり、流行りのインスタグラムやTik Tokを使ったりという、ツールを使う人は沢山いると思います。

むしろそれを完璧にしさえすれば、集客は出来る!と宣伝している人がいて、素直にそれを実行している人がほとんど。

それで集客が楽になったか?と言うと、どうでしょうか?
インスタグラムやYouTubeでは常に最新の写真や動画をアップし続けなければならず、
少しでも期間が空いてしまうと「あれ?この人終わったのかな?」と思われてしまい、次の面白い情報に移ってしまいます。

いくら綺麗なバナーやWebサイト、インスタグラムやYouTubeを作っても、まずは集客の流れの「仕組み作り」が出来ていなければ、見込み客のを誘導してあげる事ができません。

「流れ」というのは、例えば、今現在、脱線している見込み客をあなたのレールに乗せてあげて下さい。

しっかりとレールに乗る事ができれば、あとは次の目的地へスムーズと進んで行くのです。

見込み客が脱線していなくての、あなたのレールが脱線していると、見込み客はあなたのレールに乗る事ができず、次の目的地へと進めません。

いくらあなたが電車の運転の仕方(ツール、スキル)を知っていたとしても、レール(集客の流れ)がスムーズに目的地まで流れていなければ、いくらお客さんを乗せたとしてもお客さんは目的地まで辿り着けないままそのまま迷子になってしまうか、途中下車してしまうのです。

ではこの3つの流れが1つでもないと、集客できる流れは止まってしまうという事ですが、1つ1つの役割とはなんなのでしょうか?
それでは、この「3つの流れ」について見ていきましょう。

集客の3つの流れの詳細

ステップ①見込み客にあなたの教室の存在を知ってもらう

教室の集客で困っている時に一番見るべき大事な点は、「一体どれくらいの人があなたのお店を知っているか?」と言うことです。

試しに、グールグル検索で「あなたの地域名+業種」を入力してみてください。

あなたの教室やお店はどのくらいの位置で出てきますか?
検索順序、1、2番目に出てきていたらかなりの優秀度です。

それ以降、少しスクロールをして1ページ目の何処かに出てきたら、もう少し頑張れば上位を狙えそうです。

もし2、3ページ目まで行かないとあなたの教室/お店が見つけられないのであれば!

「あなたのお店は見込み客に知られていない」

と言うことになります。

あなたにも経験があると思います。

何か調べ物があり、検索をかけた時、クリックするのは大抵、検索結果の1、2番目にきた内容のものではないでしょうか?

よっぽど自分が探しているものが見つからない限り、2ページ、3ページまで探す事がないのです。

こんな集計結果もあります。

一般的に、検索エンジン利用者のおよそ80%は検索結果の1ページ目まで、残り20%が2~3ページ目まで閲覧するといわれています。

参考:ユーザーが検索してクリックするのは何ページ目までの結果?

あなたが教室の運営をしていて、あなたの教室を知っている!という人はどのくらいいますか?

まずは、あなたの地域で見つけてもらえるお店になる事。
もしくは他の情報媒体などで見つけてもらう事が必要になります。

ステップ②あなたの事を深く理解してもらう

では、中には、検索結果の割と上位にきていて、ある程度アクセス数もあるのに、集客ができないと言う人もいらっしゃるかと思います。

そういった人達の原因は何でしょう?

それは見込み客が「あなたの事を深く理解していない、できない」

からなんです。

あなたの商品やサービスについて、それを購入した事で得られるお客様の未来。

ここをしっかりと伝えてられていないと、見込み客の多くの皆さんはその場を離れていってしまいます。

「数多くあるお店や教室の中から何故あなたのお店を選ばないといけないのか?」

そうなんです。

他と一緒ではダメなんです。

英会話スクールの中にも、様々なタイプのスクールが存在しています。

あなたの地域に10件の競合がいたとして、その中からあなたを選ぶ理由ってなんでしょう?

それは、顧客があなたのお店に来た事で得られる「未来」がある事です。

それが競合と違う事で、あなたのお店/教室は一段と輝くわけです。

見込み客は、何かしらの悩み、痛み、苦しみや願望を持っています。

それらを明るい未来に変えることができる。

そんな商品やサービスに出会ったら、どう思いますか?

絶対にここに行ってみたい!(このお店は私のためにある!)

と思うはずですよね。

2ステップとして、「あなたの事を深く理解してもらう」

是非あなたのお店が、他の人から見て理解しやすい内容かどうか是非見直してみてください。

ステップ②次の行動に移ってもらう


あなたの事を深く理解してもらえたのなら、見込み客が体験レッスンに来た時、そのままスムーズに入会してくれる事が多いです。

と言うのも、既にあなたのブログやホームページ上で、あなたの事を深く理解した見込み客は、あとは実際に来てみて、お教室ならレッスンや先生の質などを確かめるだけで良いからです。

面と向かって、見込み客の方と会う事ができれば、あとは再度、「あなたの教室/お店に対する想いを伝えるだけ」で良いのです。

 

実際に、1と2の流れがなく、運よくあなたの事を見つけて体験レッスンに来られた場合、
その後の営業トークにとても力をいれなければならなくなります。

私自身、自分のホームページを見直し、それを見てから見学や体験レッスンに来られた人達と見直す前に来ていた方達のお申込みの率はだいぶ変わりました。

また既に決めてから来られている方が多かったので、営業トークにそこまで時間をかけなくても大丈夫になったのです

もし体験レッスンに来てもらえたら、必ずアンケートを取りましょう。
そして、体験レッスン用の台本を作ってください。

喋りたいことを喋ればいいじゃないか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
ご自分の想いをしっかり伝えるためにも、また他の競合と差別化するためにも、
あらかじめ台本があった方が相手にも伝わりやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この3つのステップをしっかり行う事で、さらには「あなたが来て欲しい!こんな人が生徒さんになって欲しい!」と言う顧客ばかりを集めることもできます。

ご自分が理想としている(生徒さんやお客さんになって欲しい)と思っている顧客ばかり来たら、どうでしょうか?

あなたの教室/お店はとても活気に溢れ、また顧客からは感謝される。
そうなる事で、あなたの自信にも繋がり事業の運営がさらにまた楽しくなります。

そんな風にあなたのお店が変わったら良いと思いませんか?
まずは皆さんも、この3つのステップを意識して集客の仕組みを考えてみてください。

もし教室集客で何から始めて良いか分からない方の最初の一歩として、当社では下記の無料教材をお勧めしております。

教室集客を始めるならまず最初に読んで欲しい電子書籍

行動しなければ何も始まりません。
私も行動した事でその後の人生が大きく変わりました。
上記の教材を知るだけでもあなたの視点がガラッと変わります。
教材であなたにお会いできる事楽しみにしています。

Comments

タイトルとURLをコピーしました