無料書籍プレゼント中!「今からでも遅くない!これだけやっておけばブログ集客がグッと楽になる7つの方法」

個人教室や店舗集客をしていて、まだ商品やサービスを売っているのなら今すぐ辞めましょう!

こんにちは!コール寛子です。

オーストラリアはスクールホリデーが終わり、また通常運転になりました。
毎回、10週間のタームが終わると2週間のお休み。。。
オーストラリアの学校って休み多いなって思います。そして毎日子供と何をすればいいのか困ります(汗)

さて、皆さんは教室や店舗を始めてついつい商品やサービスを売ることに拘っていませんか?
個人教室や店舗集客をしていていると陥り易いミスなんです。

Mama子さん
Mama子さん

じゃあ、サービスや商品売らないで何を売るの?

そんな風に思うのは当たり前です。
今日は、実は顧客が本当に欲しいものはそこじゃないんだ!と言うことについてお伝えしたいお思います。

 

人は商品そのものを見ていない、買いたい理由がある

例えば、あなたの家の壁に大きな穴が空いてしまったとしましょう。

穴が空いてしまった理由は、何でもいいんですが、夫婦喧嘩で穴が空いたとか、子供が反抗期とかやんちゃ盛りで穴が空いてしまったとか(笑)色々あると思うんです。

穴はそのままにしておくこともできますが、見栄えが悪いですし、危ないこともありますよね。その穴がもっと大きくなってしまっても大変です。

そこで、大抵の人はこう考えます。

「この穴をどうやって塞ごう?」

方法としては2つあります。

  1. プロである業者に頼む。
  2. 自分、もしくは友人などにお願いしてDIYする。

ほとんどの人が、2番目のできることなら自分でやることを選ぶと思います。

その方が安上がりだし、業者の人にいちいち連絡をとって日程を調整したりする必要がないからです。

そしてホームセンターに行って、穴を塞ぐための道具やペンキなど探すと思います。

自分の予算に合うもの、簡単に穴が塞ぐ事ができるツールを探すでしょう。

人によっては、少し高くてもいいから修復したところが全く目立たなくなるようにしたいと思う人もいるはずです。

ホームセンターに行ってみて、思ったよりも自分で修復するのは難しそうだと思った人は、業者の人にお願いすると言う風に思う人もいるでしょう。

そして家に帰って色々と検索します。

自分の近所で、土日でも来てくれて、お手頃に直してくれる塗装屋さんや、大きな会社よりも個人でやっている会社を探す人もいるかもしれません。レビューを気にして選ぶ人もいるでしょう。

その中で、自分に合った塗装屋さんを選んで、修復をお願いするはずです。

なりたい(こうなってほしい)未来や結果があるから買う

どうでしょうか?

こうやって見てみると、壁に穴が開いてしまったこの人は、

穴が開いてしまった

お金は多少高くてもいいから、綺麗に穴を塞ぎたい

ホームセンターに行ってみたけど、自分でやるのは大変そうだから業者に頼む

自分の地域で、個人でやっている比較的評判の良い塗装屋さんを探す
ポイントは、
お金は多少高くてもいいから、綺麗に穴を塞ぎたい

自分でやるのは大変そうだから業者に頼む

この壁に穴が開いてしまった人の「こうなりたい、こうしたい」と言う思いが、業者さんにお願いする結果につながっています。

いきなりホームセンターに行って、なんとなくペンキ用のブラシが買いたいとか、壁に何か埋める為の何かがほしい!と言ってくる人はいないですし、塗装屋さんに連絡する人もいないでしょう。

 

これはとっても単純なケースですが、私たちの多くが、「こう言う風になりたい。こんな悩みを解決したい」と思いながら、日々商品やサービスを購入しているのです。

 

そして、その中であなたが地域の中で選ばれるお店になれるかどうか?

 

それが集客できるかどうかの大きな道分かれになります。

 

もしあなたのお店が、ただの「塗装屋さん」を謳っていて、「あなたのお店に頼むことで顧客がだどのように変わるのか?」と言うのがはっきりしていなければ。。。。!

 

他にも壁に穴が空いてしまったタイプの人には、こんな人がいると思います。

大家さんにバレたら大変!お願いしたら即日修理してくれる人がいい!
特別な壁紙(アレルギー対策など)を使っているから、それに対応してくれる人がいい!
土日しか空いてる時間がないから土日もやってくれる人がいい!
とにかく跡が目立たないように綺麗に直してくれる人!などなど。
人によってニーズ、欲求は様々です。
あなたは「どんな人」の「どう言う風になりたい」になれるでしょうか?

得たい結果ありきの商品やサービス

こうやってみて行くと、あなたの地域にはたくさんの塗装屋さんやホームセンターがあるでしょう。

または楽天やアマゾンでも道具は買える世の中です。

こんな風に競合、ライバルが沢山いる中あなたが顧客に提供できる価値ってなんでしょうか?

ただ単に「壁直せます」だけでは、見込み客の心にはグッと刺さるものがないんです。

「土日しか時間がない人」でも対応しますとか。

アレルギー対応の壁紙を扱っています。

お急ぎであるのならば、24時間以内に修理に伺います!

のように、顧客が得たい結果があなたのブログやホームページには謳われているでしょうか?

商品やサービスはあって当たり前なんです。

それよりも顧客が得たい結果を売って行く、伝えて行くことが大事なんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

壁に穴が空いてしまっただけでも、人間って色々な心の変化があることがわかります。

あなたのお店はその心の変化に添えられる顧客の未来を持っているでしょうか?

最後にもう一度お伝えしますね。

集客に大事なのは、あなたの商品やサービスをただ売るのではなく、「どういう人」が「どうなる」という点を販売してください。

もしどういう人がどうなるが分からない場合、まずはお店のコンセプト(ウリ)を決める必要がありますので、もしご興味があれば、あなたのウリと顧客の未来が作れるようになる動画講座がありますのでご覧になってみてください。

12の質問に答えるだけであなたのウリと顧客の未来が発掘できる講座

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました