母娘2人ゴールデンウィーク親子留学体験談!ーホームステイとお母さん語学学校ー

スポンサーリンク

こんにちは!鈴木寛子です。

今回は、以前ゴールデンウィークを利用されて3週間ほどホームステイと語学学校(2週間)を経験されたKさんからの体験談をご紹介したいと思います!

ゴールデンウィーク時期に来られた母娘2人での親子留学体験談

娘が小学校に入学した年から、毎年夏休みに親子留学をしています。
私は全く英語が話せないので、ホームステイは自信が無く、毎回ホテルに滞在していました。
今年はゴールデンウィーク(10連休)にも、親子留学を計画!
ただ、時期的にスクールを探す事も、ホテルを探す事も難しく、ホームステイを勧めていただきました。
ホストファミリーのご夫婦どちらかが、日本人というリクエストをした結果、寛子さんという素敵なホストマザーに出逢う事が出来ました。
とても優しい、そして楽しいご主人のアダムさん、可愛過ぎるティアちゃん、素晴らしいホストファミリーを、娘も私もすぐ大好きになりました。
自転車に乗れなかった娘に、アダムさんが乗り方を教えてくれたり、お散歩やハイキングに連れて行ってくれたり、ブリスベンへの家族旅行にご一緒させてくれたり…。

毎日そして毎週末、心から楽しくて、幸せいっぱいでした。

もっとティアちゃん、アダムさんと話したい!という気持ちから、私はご夫婦が経営されている語学学校へ入学させていただきました。
20代の方と一緒に勉強するなんて、かなり新鮮でした。

ご夫婦の魅力なのか、集まった生徒さんも素敵な方ばかりで、本当に入学して良かったです。

アダムさんの授業は、笑いあり達成感あり宿題あり、ワンクールしっかり受講したかったです。
最終日には生徒全員でバーベキュー、ご夫婦の優しさが伝わり、まだ帰国したくない!と思ったくらいです。
夏休みは残念ながら、手配が遅かった為、別の国へ。
冬休みは必ずオーストラリアへ行くつもりです。
最高の連休を過ごす事が出来、ホストファミリーに心から感謝しています。
ありがとうございました。

またお会い出来る日を、楽しみにしています。

Kさん素敵な感想をありがとうございました!

Kさんと娘さんのSちゃん共々とても素敵な母娘さんで、私の娘ともすごく仲良くしてくれて、夕飯時もいつも笑いが絶えない食卓でした。

Sちゃんは初めて通うオーストラリアの学校なのにも関わらず文句を言うこと一切なく、いつも元気に現地の学校へ行って、楽しかった!と言いながら帰宅していました。

お母さんのKさんは私の娘をご自分の娘同様可愛がってくれて、私の娘もKさんが大好きでした。(今でも時々2人のことを思い出して話しています。)

親子留学をするにあたって、英語ができないと言う不安から、「この人達ともっとお喋り出来るようになりたいな」と言う気持ちの変化。
短期間の中で、お母さんのKさんが頑張って英語を勉強してくれて、当語学学校へ通ってくれて、帰国後も私の娘とおしゃべりする事を目標にするため、英会話スクールに通い始めました!

と、教えてくれた時、私自身とても嬉しかった事、嘘ではありません。

私も高校生の頃初めてホームステイをして、「もっとホームステイ先の人とおしゃべり出来るようになりたい!」と、英語習得への道を進んで行きました。

詳しくは>>英語力ゼロの高校生だった私が短期留学でオーストラリアに渡った話①シリーズへ!

同じ気持ちを持ってくれた事がとてもうれしかったんです。

今まで、Kさんは娘さんSちゃんの付き添いがメインだったそうですが、こうやって「この人ともっと喋りたい!」と言う目標ができて、ご自身も英語の勉強にチャレンジするのって私もこの感想を読んでとっても嬉しくなりました。
もちろんそれは私達だけではなく、ほかのホストファミリーでも一緒です。
一生にあるかないかの出会いの中で、一緒に一つ屋根の下で暮らすことのできるホストファミリーの存在って大きいですよね。

だから私は親子留学でも短期留学でもホームステイをお勧めしています。

コンドミニアムもプライベートな空間があって良いかもしれませんが、こうやって現地の人と触れ合えるのってホームステイならでは。

普段オーストラリアの人たちがどんな風に過ごしていて、何を食べていて、何を考えているのか沢山知ることができます。

食生活や性格など合う合わないもあるかもしれません。
でもこのお二人のように毎日、楽しくポジティブに過ごされるだけで、相手にも幸せが伝わるんだなぁって感じさせられました。
私も、旦那様(実はお家で一泊されています)含め、是非またKさんSちゃんに会いたいと思っています。
私達にとっても素敵なファミリーとの出会いでした!
タイトルとURLをコピーしました