公式LINEアカウントに友達登録すると3つの特典プレゼント中!

オーストラリアで親子留学する時のビザの種類。

こんにちは、コール寛子です!

オーストラリアに親子留学する際、ビザって必要なんでしょうか?

どのくらい費用がかかって、どのくらいの期間滞在できるのでしょうか?

親子留学で来られる場合は、3種類のビザの種類があります。

どんなビザでどんな事ができるのか、それぞれ見ていきたいと思います。

オーストラリア親子留学で必要なビザ①観光ビザ

短期留学で1週間から3ヶ月の間で短期で来られる方は、観光ビザでOKです!

子供もお母さんもETASという観光ビザを取得すれば、3ヶ月間まで就学も幼稚園に通うことも可能です。

0歳から観光ビザを取得する事が可能です。
またご自分で申請する場合は、約2000円の申請料がかかります。

>>オーストラリアETASビザをご自分で申請する場合はこちら。

観光ビザは、就学は可能ですが、お母さんはアルバイトなどのお仕事をすることはできません。

オーストラリア親子留学で必要なビザ② 子供:学生ビザ、親:ガーディアン(保護者)ビザ

もし中長期(3ヶ月以上)の親子留学をお考え中の方は、お子さんが学生ビザ、お母さんがガーディアンビザという事も可能です。

ガーディアンビザとは日本語で保護者ビザと呼ばれていて、子供が留学中に子供と一緒に海外に渡り、子供の面倒を見るというのが条件となっています。

もしお子さんが、現地の小学校や語学学校に3ヶ月以上通われるのであれば、お母さんは保護者として一緒にきて、お子さんと一緒にオーストラリアで過ごす事ができます。

お母さんの就学はこのビザでも可能です。

お仕事は、保護者として来ているのでこのビザでもお仕事をすることはできません。

ボランティアは可能です。

ガーディアンビザを申請できるのは、お子さんが学生ビザを取れる年齢6歳になってからです。

このビザは長期滞在のファミリー向けです。

オーストラリア親子留学で必要なビザ③ 親も子供も学生ビザ

最後に親子留学でも取れるビザは、学生ビザです。

中長期(3ヶ月以上)の親子留学をお考え中の方で、オーストラリアでお子さんと一緒に勉強したい方にオススメです。

学生ビザは20時間まで就労が可能です。
ですが、お子さんとお母さん2人分の学費と学生ビザ代を払わなければいけないので、費用がかかります。

また、学校によっては課題をちゃんとこなしたり、出席率が足りないとビザをキャンセルされてしまいます。

オーストラリアに留学して、働きながら暮らせたら。。。と言うお母さんはいらっしゃいますが、お子さんと2人で来た場合、お母さんは働ける時間が限られて来ますのであまり現実的とは言えません。

オーストラリアは物価も高いので、少しでも働けたらいいですが、在宅ワークができるか、お子さんを面倒見てくれる人がいない限り、なかなか難しいです。

お母さんが学生ビザを取り、お子さんがそのビザにくっついてくるということもできます。ただ、お母さんが学校に行っている間、お子さんは必ず保育園に行くか誰か面倒を見てくれる人がいるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

短期間(1週間から3ヶ月)で来られるのであれば、観光ビザ。
中長期(3ヶ月以上)で考えられている方は、ガーディアンビザもしくは学生ビザが良いです。

学生ビザ、ガーディアンビザはなかなか取得するのに手間がかかりますので、エージェントを通すか専門の方にお願いするのが良いと思います。

観光ビザを代行してもらうなら、こちらの代行会社がお得です。

>>ビザコンサルティング・代行サービスView Grand

次は、「オーストラリア親子留学かフィリピン親子留学か?それぞれのメリットデメリットをご紹介。」についてお伝えいたします!お楽しみに!

 

タイトルとURLをコピーしました