無料書籍プレゼント中!「今からでも遅くない!これだけやっておけばブログ集客がグッと楽になる7つの方法」

ブログから集客できないと最近感じているなら、この方法で問題点を探して行こう!

こんにちは!コール寛子です。

今回の記事では、教室や店舗運営をしていて、ブログを毎日書いているのになかなか集客できないと感じている方や、お問合せや体験レッスンの申し込みがまったくないという方達へ向けてその原因の見つけ方を探る方法をお伝えいたします。

自分で問題点を見つけることができれば、少しでも集客改善へのステップが踏めるかと思います。

消去法で問題点を見つけていこう。

まずはあなたのブログでお客さんが集まらない時、ただ闇雲に問題点を探していても時間がかかるだけです。

ですので、私が普段から実践している間違いや問題点の探し方を皆さんにお伝えしようと思います。

私が会社員時代、その頃はHTMLを使ってせっせとホームページを作っていたんです。
コードが1つ間違うだけで、ウェブサイトってまったく動作しなくなってしまうんですよね。

ウェブサイトのソフトを使っていても、そういう間違いは結構あったんです。

コードって沢山書いてありますから、その中から間違いを探していくことって結構大変なんです。

ですので、私が教わった方法として、問題になっているだろうという箇所をまず絞り、そこから1つコードを修正しては、確認して、、、の繰り返しをすることでした。

これって、時間がかかりそうなんですが、実は複雑なコードなんかを扱っている場合はこの方法が一番早くてしかも確実だったんです。

ただ闇雲に、ここからここまでのコード全部書き直してやり直す!っていうやり方だと、どこが間違っていたのかもわかりませんし、書き直しても書き直しても一向に正しく動作してくれなくて逆にすごく時間がかかってしまうというんです。

ウェブサイトに限らず、パソコンのトラブルなんかもよく消去法で問題点を探していくってことありますよね。

まずはパソコン内の不必要なアプリやホームページなどを全て閉じてみる、それでもうまくいかなければ◯◯をしてみる、それでもうまくいかなければ、電源を切って再起動してみる。。。などです。

1つ1つやって行くうちに問題点にぶつかり、すぐに修正したり復旧したりすることができるんです。

ブログ集客もそうやって1つ1つ見ていきましょう。

消去法その①お問合せ方法は明確に記載されていますか?

これはとっても基本中の基本ですが、あなたのブログにはお問合せ方法は明確に記載されていますか?

もう一度確認してみてください。

問い合わせをどこからしていいのか分かりづらく、連絡するまでたどり着けないと言ったことが結構あります。

せっかくあなたのブログを読んで気持ちが盛り上がって、「ここにお願いしたい!」と思っているにも関わらず、お問い合わせの方法がはっきり書かれていないようでは見込み客の気持ちが一気に萎えてしまいますよね。

お問い合わせの方法の仕方は何でもいいんです。

  1. メールフォーム
  2. 電話番号
  3. LINE
  4. 住所

この4点のどれか最低でも2つは載せておくようにしましょう。

メールで問い合わせやLINEで問い合わせができるようになっていると、

あとでメルマガなどの情報発信に使うことができるので便利です。

そしてお問い合わせのページなどにリンクを飛ばす際は、ボタンなどは大きく分かりやすい色で作るなどして、見込み客がどこをクリックしたらいいのか一目でわかるようにしておきましょう。

こんなボタンがあるといいです!

こういう色だとちょっと見にくいので注意!

ブルー、緑、赤などの色がやはり人間の目には入りやすいです。

では、お問合せ方法はしっかり記載してあって分かりやすいよ!という方には、次の消去法見ていきましょう。

消去法その②あなたのブログには看板記事(ランディングページ)がありますか?

あなたのブログには、あなたの教室や店舗を詳しく深く知ってもらうための看板記事は用意されていますか?

これは一般的にはとっても長い長文になる記事となっています。

あなたの商品やサービスが、あなたのお店に来る事で見込み客がどのように変わるのか?

それをしっかりと伝えられている超重要記事になります。

もうこの記事がなければ、あなたのお教室は成り立ちません。

大袈裟に言っているわけではないですよ〜。

本当にこの記事がないと、見込み客はあなたの事を深く知ることができません。

深く知ることができないという事は、見込み客から行動してもらいません、行動してもらえないという事は集客につながらないという訳です。

もう超が何個ついてもおかしくないくらい、大事な記事となりますので、もしランディングページなんて難しそうで作ってない!という方がいらっしゃったら、ここはひとつ作ってみてください。

 

私のブログには既に立派なランディングページがありますよ!という方で、それでも集客できていないという方は次の消去法見てみましょう。

消去法その③あなたの看板記事には「どういう人」が「どうなる」がありますか?そしてそれは適切な場所に書かれていますか?

看板記事があるのに集客できないという方、冒頭のメッセージどんなことが書かれていますか?

看板記事の冒頭には、必ずこの一言を入れてください。

あなたの顧客イメージの、

「どういう人」が「どうなる」(顧客の未来)

です。

これが出来ていない人がほとんどです。

これがあなたの事業の要であり、見込み客が一番知りたいところでもあります。

あなたが一人のお客だとして、何か教室や店舗を探している時、何も考えずにお店を決めて何かを買うってことあるでしょうか?

答え:ないんです。

英語を話せるようになって、こうなりたい、そろばんができるようになって、こうなりたい。

私達には、日々願望や切望があります。

この「どういう人」が「どうなる」についてここで綴っているととても長くなってしまいますので、詳しくは私の講座を見ていただければと思います。

併せて読みたい>>【ブログ集客講座中級編】ブログ読者が「ここは私のためにあるお店だ!」と思ってもらう看板記事の作り方講座のご案内

この部分がないが故に、あなたの看板記事がとても独りよがりな内容になっていて顧客の心に響かない、または顧客が「あなたのお店を選びたい」と思う理由にならない。

そう言ったことが問題として起こっているのです。

まずはあなたのウリや顧客の未来を設定し、この看板記事を大々的に変更してください。

併せて読みたい>>あなたのファンが集まるお店作りー基礎編ーブログ初心者でも4つのポイントを押さえるだけで、あなたの教室/店舗に地域の人が集まるブログを作ることができる講座

そして「どういう人」が「どうなる」は必ず看板記事の冒頭に載せるようにしましょう。

では、あなたにはしっかりとした、顧客が思わず手を伸ばしてしまうようなそんな顧客の未来があるにも関わらず集客できていないとするならば、次の消去法見て行きましょう。

消去法その④あなたのブログ(お店)は知られていますか?

では、しっかりとした顧客の未来があるにも関わらず、集客できない場合、

GoogleやYahoo!を開いて、あなたの教室や店舗のある地域+業種で検索をかけてみてください。

あなたのお店は検索結果の1ページ目上位10位以内に入っているでしょうか?

入っていないのであれば、あなたのお店は見込み客に見つけられていない可能性があります。

私もこのような状態でした。

地名と業種を入れても全く上位に入っていない。

2ページ目にやっと出てくるというくらいでした。

ですが、以前のブログでもお伝えしましたが、私たちは大体1ページ目に出てくる検索結果をクリックする確率が70%と言われています。

それほど上位結果に表示させるのが大事なわけです。

いくら素晴らしい店舗であって、とても良いウリや看板記事を持っていたとしても、見込み客や読者に知られていなければ、見つけてもらうことはできません。

これはとってももったいない事です。

では、検索結果の上位に入れるようになるにはどうしたら良いのでしょうか?

地域の人から検索されるための記事、書いていますか?


ブログ集客というのは、結局のところ読者に知ってもらうことが集客の第一歩になります。

ではどうやって知ってもらうのか?

その方法はいくつかありますが、

一般的には読者の悩みや願望、不安点など何か調べたいことがあってから見つけてもらうオーガニック検索というのが一番良い検索のされ方です。

読者の人が悩みがあって、その悩みを解決するために探しているキーワードで見つけてもらう、もしくは既にあなたの業種を地域で探しているのであれば、地域名+業種名のキーワードがブログ内の記事もしくはお店の名前に使われていると良いでしょう。

下記の図を見てください。

ブログ集客とは、読者のためのブログ記事がたくさんありそこから看板記事へ導入され、興味を持ってもらい来店や購入というのが一般的な流れになります。

併せて読みたい>>ブログで集客している教室や店舗運営者の皆さん!生徒集客に必要な3つの流れ理解していますか?

看板記事の周りにある沢山の記事を増やす事で、あなたのブログの認知度は上がってきます。

読者に向けて記事を書いて行く。
そうすることによって、読者に何か悩みがあって検索したり、地域に気になる業種がないかどうか調べた時にあなたのブログが検索結果の1ページ目の上位10位内に入ることができます。

ですので、ブログの読者がどういう悩みや願望を持っていて、それを解決するにはどうしたら良いのか?

そう言った内容の記事を考え、検索されクリックされるためのタイトルを考えましょう。

教室や店舗運営であるならばアクセス数は気にしない


よくWebサイトやブログのアクセス数を気にされる方がいます。

私も以前は、気にしていた人の一人です。

ですが、アフェリエイトサイトやただアクセスを集めたいだけのサイトであればアクセス数を気にした方がいいのかもしれませんが、

地域のために運営しているお教室や店舗であれば、お客様になってくれる見込み客のみのアクセスのみで大丈夫です。

なので、1日のアクセスが10であっても100であっても、それがあなたのお店に興味を持っている人達のアクセスであるのであれば、それはとても価値のあるアクセスになります。

逆にアクセスは多いのに、問い合わせが一件もないというのは、あなたのブログに関係ない人たちを呼んでいる可能性があります。

記事内容やタイトルの見直しをして、本当にあなたのことに興味を持ってくれる人たちだけを集められるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何か問題があれば、いつもこの点を注意してみていき、改善し、様子を見てみてください。

最初から完璧にできるわけはありません。

少しずつ少しずつ直しながらブログとはよくなっていくものです。

何がいけないのかわからない!と投げやりになる前に、1つ1つ原因を探っていきましょう。

ブログ講座には流れがありますので、その流れをしっかり学ぶことから始めてみてください。

【基礎編】ブログ初心者でも4つのポイントを押さえるだけで、地域の人が集まるブログを作ることができる講座

Comments

タイトルとURLをコピーしました