公式LINEアカウントに友達登録すると3つの特典プレゼント中!

幼児との親子留学で何故オーストラリアがいいのか?

こんにちは。コール寛子です。

今回は、幼児を連れての親子留学はまだ早いのでは?と考えられている方向けへの記事となります。

親子留学をするにあたって幼児の時期では特に何も学べないのではないか?と疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。

ですが、何かを学ぶ学ばないと言うよりも、オーストラリアの良さをまず知ってもらうことがスタートとなるような気がします。

では1歳から6歳までの子供達を留学に連れて行く良さをお伝えしていきます。

幼児との親子留学で何故オーストラリアがいいのか?①チャイルドケアでの過ごし方が全く日本と違う

オーストラリアのチャイルドケア(保育園/幼稚園)は、日本と全く過ごし方が違います。

日本は先生が主体になって子供達をまとめ、日々やることが決まっていることが多いですが、

オーストラリアのチャイルドケアでは、子供達が主体となって日々何をして遊ぶのか、過ごすのかが決まっていく事が多いです。

もちろん、一緒に集まって絵本の読み聞かせ、歌を歌う、ご飯やおやつを食べると言う時間ももちろんあります。

また、その時その時用意された工作などを興味のある子たちが参加すると言う感じで、絶対に全員がやらなくてはいけない!ということはありません。

もちろんトイレトレーニングが終了していない子の補助や、日焼け止めや手洗いなどの補助は随時先生達が行なっています。

ただ先生達は、子供達が遊んでいる場所で子供達を見守っている事が多いです。

これは先生の怠慢ではなく、子供達の自主性を尊重しようと言うオーストラリアの教育方針の一つとなっています。

こういった違いを体験できることも子供達、特に自我が芽生えてきた2歳から6歳までの子供達にとっては貴重な体験になるでしょう。

幼児との親子留学で何故オーストラリアがいいのか?②広々しているので伸び伸びできる

オーストラリアは土地も広いので、全体的に広々していて窮屈な感じがしません。

ビーチや公園、家など日本では考えられないくらいの大きさです。

子供にはもってこいの環境です。

公園で遊んでるだけで、1日過ごせますし、大きなショッピングモールは子供が遊べる場所もあります。

日本で忙しい環境に住んでいるのであれば、オーストラリアの広大な大地で伸び伸びと過ごせると思います。

自然も多いですし、オーストラリア特有の動物も多いですので、そういったものに触れてみて、体験してみるのも良いかと思います。

私の子供もそうですが、公園や広い原っぱで伸び伸びと駆け回っている姿を見ると、子供本来の姿だなって思います。

オーストラリアの環境に触れてから、子供がとても変わった!と言うお母さん達も見てきました。

デジタルフリーを目指しているのなら、こういった環境に子供を置いて見るのも良いかもしれませんね。

幼児との親子留学で何故オーストラリアがいいのか?③子供と女性に優しい国

オーストラリアの人達は、基本的に優しい人が多いですが、特に女性や子供に親切な方が多いなーと思います。

バスや電車、お店など気軽に声をかけてくる人も多いですし、ベビーカーや荷物が多くて困っているようなら助けてくれる人多いです。

人に親切にする事が当たり前の風潮を持っているので、そう言う姿を小さい時から子供が見るということは大切なことです。

それが当たり前になれば、子供も真似をします。

例え短期間の滞在であっても、そういう印象は大人も子供も頭の中に残ります。

人に優しくされることで、自分も誰かに優しくなれる人でいたいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

違う国で違う体験をすること、子供が大きくなったら忘れてしまうかもしれませんが、お母さんは違います。いつまでもその体験を覚えていることでしょう。

子供にとって良かったか悪かったかも印象に残っているはずです。

是非、お子さんが小さいうちに色々な体験をさせてあげてください。

次は、「オーストラリアで親子留学する時のビザの種類。」についてです。

タイトルとURLをコピーしました